あきゆりのぶろぐ

SixTONESを中心にJr.への愛を叫ぶ

Snow ManのYouTube動画における字幕(Sub)について

 こんばんは、一昨日Endless SHOCKの一般発売に挑戦したところぴあ様に繋がって希望日のS席が取れる! と思った瞬間にスマホが誤動作して通話が終了した秋百合です。もともと画面が取れかけていて、でもセロテープで補強しながらなら使えるしいっか、と思っていた三日前の自分をひっぱたきたい。

 

 そして、今日は今日で大事な日でした。滝沢歌舞伎ZEROの一般発売。また同じ轍を踏むわけにはいかないと、昨日ケータイショップに走って機種変更を行い、準備万端で挑んだ。結果として、ものの見事に全てNTT様につながった。はい、全滅です。

 

 情報局の抽選? あれ、本当に当たる人いるの?

(Endless SHOCKも滝沢歌舞伎ZEROも全て落選しました)

 

 気をとり直してもうこれはSnow Manの皆さんをYouTubeで一日中見て、気分を上げていくしかないな、と全て売り切れのアナウンスがなされた午前11時ごろに本日の過ごし方を決定した。でも、ただ端から彼らの動画を見ていくだけではつまらない。なら、またアレをやろうではないか。ということで、こちらのSixTONESの記事とネタとしては同じだが、Snow Manバージョンの字幕統計を行った次第である。

 

akiyuri-stlover.hatenablog.com

 

 結果は全て2019年1月14日現在のものである。今回の調査の結果、Snow Manの動画では17の言語で字幕が作成されていることが判明した。なお、一つ一つの動画を手動で再生しながら右下の歯車をクリックし、ぽちぽちとGoogleスプレッドシートに入力していく方式で調べたので、間違いがあった場合はそっとコメントかTwitter(秋百合 (@akiyuri_stlover) | Twitter)で教えていただけるとありがたい。

 

 ちなみに「YouTubeの字幕ってなんぞや?」という方はこちらhttps://support.google.com/youtube/answer/100078

の公式ページを参照していただきたい。簡単に説明すると、動画内の音声や説明文に視聴者が諸言語で字幕を追加し、動画投稿者やその言語の使用者が内容に齟齬がないか審査した上で公開され、動画での使用言語がわからない人や音声が受容できない人の視聴の助けになるシステムである。

 

 調査対象としたのは、ジャニーズJr.チャンネルが作成した以下の再生リストに追加されている動画である。集計時点では2018年3月14日公開の「Snow Man 3月21日オープンに向けて企画会議中」から2019年1月9日公開の「Snow Man【笑顔力】笑う門には福来たる?おみくじで検証してみた!」までとなる。これを書いてる途中にRight-on様とのコラボ動画が上がったが、あまりにも直近すぎるので調査対象からは外してある。

Snow Man【水曜更新】 - YouTube

 

 結果は以下の通り。ボビン!!!!!!

f:id:akiyuri-stlover:20190114215917p:plain

 

 はい! そりゃ見えませんよね!!!

 

 したがって簡単な結果を文章で記していく。

 一応全体像は以下から確認していただけるかと思うので、万が一ご覧いただけるとのことでしたらぜひ。

(最終更新2019年1月14日)

docs.google.com

 

 今回の集計からは自動生成される日本語字幕は省いてある。ぜひ一度表示していただきたいのだが、何とも言えない味を出していて、字幕として機能しているとは言い難いためだ。それ以外の確認できた言語は以下の通りである。表記はYouTubeの通りとする。

f:id:akiyuri-stlover:20190114220258p:plain

 

 こちらもSixTONESと同様に、アジア圏の言語として韓国語(36本)と中国語(台湾)(42本)が多数の動画で確認された。日本語(44本)が最も多くの動画で字幕が付いていたが、Snow Manの日本語字幕はとても情報量が多く、ジャニーズ初心者の私にはとても勉強になるので、よく表示してお世話になっている。例としては以下の動画がコール&レスポンスの準備をさせてくださる親切設計だったり、最後まで見るととても温かい気持ちになれるので、ぜひ一度ご覧あれ。岩本照さんのアツい思いに心打たれること間違いなしだ。


Snow Man「VI Guys Snow Man」(「ジャニーズJr.祭り 2018」単独LIVE in 横浜アリーナ)

 

 また、日本語に次ぐ規模で英語字幕も充実している(42本)。私は英語はそこそこ(10年近く前に英検2級をなんとか取得できたレベル)にしかできないため、勉強を兼ねて英語字幕を表示することもある。そこそこな出来の英語力ながら、この動画内で発見した"that's not your path!"という訳には大爆笑してしまった。どの部分の話かは字幕表示で再生して確認してほしい。ヒントは深澤辰哉さん。


Snow Man コンサートで披露した【ダンス動画】大公開~深澤・阿部・宮舘編~

 

 そしてSnow Manの動画字幕言語で特徴的と言えるのは、フランス語字幕の数であろう。27本は中国語(中国)(12本)やインドネシア語(8本)を上回る量である。あまり比較するべきではないかもしれないが、2018年12月31日時点でSixTONESの動画には15本でフランス語字幕が付いていた。熱心なSnow Manファンのフランス語使用者の方の努力の賜物であろう。そのほかにも実に多様な言語での字幕が確認された。動画説明の下部に字幕作成者の方のお名前が掲載されていることもあるので、一つ一つ拝んでいこう。

 

 動画別に見ていくと、以下の通りである。

f:id:akiyuri-stlover:20190114223319p:plain

f:id:akiyuri-stlover:20190114223531p:plain

 やはり2018年3月14日公開の「Snow Man 3月21日オープンに向けて企画会議中」が最も多く13言語の字幕が付いている。それに次ぐ11言語の字幕が付けられていたのが、2018年12月5日公開の「Snow Man【ダンス動画】Party! Party! Party! (dance ver.) 」である。マレー語やヒンディー語といったSixTONESの動画の字幕統計では見かけなかった言語も作成を確認できた。個人的にこの動画の佐久間大介さんのキャッププレイ(?)と阿部亮平さんのフードプレイ(?)がツボすぎて何かダメな声が出た。


Snow Man【ダンス動画】Party! Party! Party! (dance ver.)

 

 SixTONESと同様に、直近の動画は字幕の作成と審査がまだであるという事情から言語数は少なめの傾向にあるが、2018年9月12日公開「Snow Man上智大学院卒】阿部亮平が出題&解説!「四苦八苦の4つの苦しみとは?」から「暗号なぞなぞ」まで!」と2018年9月19日公開「Snow Man【立てない】新感覚の綱渡り「スラックライン」に挑戦」は字幕がロックされており、視聴者の手で追加することが不可能になっている。そのため自動生成以外の字幕は0である。SixTONESでも2018年9月14日公開「SixTONES【舞台裏密着】「Summer Paradise 2018」コンサートの裏側見せちゃいます!」の字幕がロックされているため、2018年9月半ばにアップロードされた動画全般にこの規制がかかっている可能性が高いだろう。

 

 最後に今回の調査の成果物として2019年1月14日現在で字幕が表示される動画の再生リストを言語別に作成した。もしそれぞれの言語話者などへの布教や勉強に役立てていただければ幸いである。リストによっては動画の本数が少ないこともあるが、追加が確認され次第リストも編集していく予定なのでご承知願いたい。

 

日本語字幕

Snow Man with Japanese subtitles(日本語字幕付き) - YouTube

 

英語字幕

Snow Man with English subtitles - YouTube

 

スペイン語ラテンアメリカ)字幕

Snow Man with Latin American Spanish subtitles(Subtítulos en español latinoamericano) - YouTube

 

スペイン語字幕

Snow Man with Spanish subtitles(Subtítulos en español) - YouTube

 

フランス語字幕

Snow Man with French subtitles(Sous-titres français) - YouTube

 

アラビア語字幕

Snow Man with Arabic subtitles(ترجمات باللغة العربية) - YouTube

 

イタリア語字幕

Snow Man with Italy subtitles(con i sottotitoli in Italia) - YouTube

 

インドネシア語字幕

Snow Man with Indonesian subtitles(Teks bahasa Indonesia) - YouTube

 

タイ語字幕

Snow Man with Thai subtitles(คำบรรยายไทย) - YouTube

 

ヒンディー語字幕

Snow Man with Hindi subtitles(हिंदी उपशीर्षक के साथ) - YouTube

 

フィリピノ語字幕

Snow Man with Filipino subtitles(Subtitle ng Pilipino) - YouTube

 

マレー語字幕

Snow Man with Malay subtitles(Dengan sarikata Melayu) - YouTube

 

韓国語字幕

Snow Man with Korean subtitles(한국어 자막) - YouTube

 

中国語(台湾)字幕 

Snow Man with Taiwanese subtitles(台灣字幕) - YouTube

 

中国語(中国・簡体字)字幕

Snow Man with Chinese subtitles(中文字幕) - YouTube

 

 

 もし言語の字幕を作成してみようかな、という言語使用者・勉強者の方がいらっしゃいましたら、ぜひ(自作の字幕を追加する - YouTube ヘルプ)を参照してください。また、審査への協力という形で作成に携わることも可能です。どうかご検討よろしくお願いいたします。

 

 

---(2019年1月16日追記)---

字幕は作成しても、複数のユーザの審査を受けなければ公開されないことを教えていただきました。簡単ではありますが審査支援の方法を調べて説明画像を作成したので、追記いたします。参考:コンテンツの翻訳を提供する - YouTube ヘルプ

f:id:akiyuri-stlover:20190116094449p:plain

f:id:akiyuri-stlover:20190116094513p:plain

f:id:akiyuri-stlover:20190116094542p:plain

---(追記ここまで)---
 

 

 最後まで読んでいただきありがとうございました。もし万が一、こいつになら定価+手数料で滝沢歌舞伎ZEROやEndless SHOCKのチケットを1〜3枚譲ってやってもいいかな、と考えてくださる方がいらっしゃいましたら、Twitter秋百合 (@akiyuri_stlover) | Twitter)でリプライやDM、もしくはコメント欄(このブログはログイン不要で表示は承認制なので他の人に見えないように配慮いたします)にてご連絡いただけると幸いです。キャンセル・マナー違反、転売等は決していたしません。日程・座席は当たり前ですが不問です。

 

 大変厚かましく見苦しい締めになってしまい申し訳ございません。私にこの世界を教えてくれた恩人でもある友人(彼女の担当がそれぞれに出演します)共々全滅してしまいまして、少しでも恩返しをしたいのです。そして何よりも、YouTubeで毎週笑顔を届けてくれるSnow Manの皆様の代表作となる舞台をこの目で直接見てみたいのです。

 

 

 

 

 私のハンドルネームであるところの「秋百合」にはあまり深い意味はないのですが、「ゆり組」という宮舘涼太さん渡辺翔太さんのコンビを知ってから、なんとなく縁を感じて調べたら、あまりにも運命としか言いようがないことが判明し、シンメという沼に親指を立てながら満面の笑みで沈んだのでした。めでたしめでたし。

二次元オタクがアル中(THE ALFEEファン)になってSixTONESにハマった理由

 あけましておめでとうございます。

 

 生まれてはじめてカウコンをテレビで流して年越しをした。ちょいちょい映り込むSixTONESSnow ManTravis Japanはじめバックの皆様を目を皿のようにして必死に探していたら、一緒にいた祖母が

「歌ってる人じゃなくて後ろで踊ってる人たち? どこがいいの?」

などという質問をしてきた。私は必死すぎてとりあえず

「顔」

とだけ返事して会話を終了させた。一から説明するとおそらく五時間くらいかかるので初日の出が昇ってしまう。

 

 別に彼女がこのブログを目にするとは思わないが、今後誰かに聞かれた時のためにどうして私がSixTONESに惹かれたのか、以前からファンであったTHE ALFEEとの相似性も含めて記しておきたいと思う。やはり私の三次元の原点はこの御三方なので。ちなみに御三方にハマる以前は二次元にしか興味がなかった。そこからの流れを書いていきたいと思う。

  

 二次元のキャラクターの推しは大体派手な髪色で、不良っぽい振る舞いが目立ち、それでも少し抜けていたり、ふとした瞬間に優しさが見えたりする人だった。例としては獄寺くんとかヒル魔さんとか。思い返せば、キーワードは「ギャップ」であった。また、そのころの私は、自分で言うのもなんだが真面目を絵に描いたような真面目な生徒であった。常識に縛られないそれらのキャラクターには無い物ねだり的に憧れて、羨ましがっていた節もあるのだろう。

 

 この時期は

アル中(THE ALFEEファン)の私がSixTONESにズドンした話 - あきゆりのぶろぐ

も記した通りKAT-TUNはテレビに出てたらしっかり見るようにしていた。特に誰が好きとかはわからなかったが、彼らの持つ雰囲気は私が夢中だった二次元のキャラクターに近いものがあったのだ。あと単純に曲が格好良かった。カウコンSexy ZoneのKeep the faithが最高すぎたし、関ジュ松竹座クリパで正門良規さんの生"Sweety……"聞きたかったなあ……。

akiyuri-stlover.hatenablog.com

 

 しかし、周りの人間にそのことを告げる気にはなれなかった。二次元ではなく実在する芸能人が好きなんて、私のキャラじゃない! などと今思えば大変くだらない意地であった。よって家族で音楽番組を視聴していても、KAT-TUNの出番では急に静かになるくらいで黄色い声をあげるなどもってのほかであった。あの時素直になっておけばバカレアもリアタイで観れたかもしれないのに。なんてもったいないことを!

 

 そのまま月日は流れ、2019年から遡ること三年前、私はTHE ALFEEと「再会」した。実は彼らの代表曲、星空のディスタンスとメリーアンは父母が流していたオムニバスアルバムで存じ上げていたのであるが、それ以外の情報は全く無知であった。ていうかSixTONESの代表曲のひとつも「この星のHIKARI」だし星に縁がある嬉しい(推しの共通点を見つけてはしゃぐオタクの図)。

星空のディスタンス

星空のディスタンス

  • provided courtesy of iTunes
メリーアン

メリーアン

  • provided courtesy of iTunes

 

 当時、追い詰められていた私の頭にある日突然「THE ALFEEっていたなあ。検索してみよう」と天啓があったのである。これを運命と言わずしてなんと言おう。軽い気持ちで動画サイトをのぞいた私に待っていたのは「え、CD音源よりライブの方がうまいし、何よりも三人とも個性豊かでアニメみたいで見ていて全然飽きない……」という初期微動であった。そこから公式サイト( THE ALFEE OFFICIAL SITE )を確認するとなんとびっくり。いまだに年間約50本ものライブを行なっていたのである。私は早速直近の公演のチケットを購入した。人生で初めてライブのチケットを自分で取った。その節はありがとうe+でも最近ちょっと私に冷たくないかお席をご用意してくれ。

  

 ライブに行った私に待っていたのは更なる衝撃である。バンドが可能なステージングの真髄がそこにあった。チケット代7560円がこんな幸福に変わることがあるだろうか。曲の合間に挟まれる少しグダグダなコントからあっという間にとんでもない変拍子の超絶技巧の曲を完璧に演奏し始めるギャップも私のツボを適切に突いてきて、晴れて急性アル中(THE ALFEE中毒)になったのである。

 

 そして昨年秋、主にYouTubeジャニーズJr.チャンネルの動画からSixTONESにハマったわけだが、彼らの中で私の目に最初にとまったのは美しい顔立ちと金髪が特徴的な京本大我さんであった。私はTHE ALFEEの中であえて選ぶとすれば高見沢俊彦さんのファンなので、まあ自他とともに納得の結果であった。よく調べてみると端麗な容姿以外にも大我さんと高見沢さん、主観だけどなかなか共通点が多い。

先日のお父様のブログ( 【Speak】謹賀新年 – 京本政樹オフィシャルサイト )

に高見沢さんが登場していてこれエンカワンチャンあるんじゃね? とか妄想してしまった。あってくれ。

 

 YouTubeに上がっていたパフォーマンスは文句なしに好みだった。Amazing!!!!!!の冒頭の胡座振りつけが脳裏に焼き付いて、JAPONICA STYLEで皆さんの美声に聞き惚れ、リアルJungle状態のトークとのギャップがたまらなかった。ああ、本当に私はギャップに弱いなあ……。実在するグループで二組もそんなギャップに惚れることになるぞ、と数年前の私に言っても多分信じないであろうがこれが現実、それぞ人間である。この世はサプライズでできている。


SixTONES【ドッキリ!?】YouTubeキャンペーンに選ばれた説(オマケ映像つき)


SixTONES(ストーンズ) - JAPONICA STYLE [Official Music Video]

 

 最終的には私は髙地優吾さんに完落ちして、情報局に入会したりこのブログを書いたりしたわけだが、彼こそがギャップ萌えの極みアイドルだと思っている。自分でもおっしゃっている通り、彼の最大の魅力は笑顔だ。日々笑顔。大好き。それだけ聞くとまあ一般的にイメージされるアイドルそのもののように思うが、キラキラした笑顔からふっと真剣な顔になる瞬間、人類の大多数の脳は彼のことしか思考できなくなる。私の言葉で全てを語り尽くすことは難しいので、ここはぜひ

#優吾しんどい hashtag on Twitter

をご覧いただきたい。ボイパができたり、ガチでサッカーが上手かったり、バイクを自分でいじったりするところに軽率にときめく。空き時間はすぐ寝てしまったり、グループ内では最年長でありながら、他のメンバー(主にジェシーさんと森本慎太郎さんの末ズ)からいじられまくっていたり側面も愛おしい。この部分は少し桜井さんに通づる部分がある。なんだかんだ受け入れてあげるところとか。また、松村北斗さんのステージでのワイルドな動きは高見沢さんっぽいし、田中樹さんはメンバーがわちゃわちゃしている時には一歩引いて無理やり場を収める手腕は坂崎さんっぽいかも。と以上のように彼らの共通点を見つけては喜び、双方への愛が深まっていくばかりなのである。えへへオタク楽しい。

  

 THE ALFEEは今年でデビュー45年を迎える、自他とともに認める息の長いバンドである。どうか彼らのようにSixTONESの未来も末長く続いて、2019年はその確かな足がかりとなる年になりますように。私も微力ながら応援を続けていく所存である。

 

幸多からん一年を。

 

 

 

 

  母曰く、髙地優吾さんは若い時の父に似ているとのことで頭を抱えた年末年始であった。

SixTONESのYouTube動画における字幕(Sub)について

 なんと、この度こちらの記事を週刊はてなブログ様でご紹介いただいた。
akiyuri-stlover.hatenablog.com

 

blog.hatenablog.com

 

  ところが、最新の記事がSixTONESには関係のない記事ではせっかく引用先からお越しくださった人に総ツッコミを食らうと思ったので、前々からちまちまと進めていた統計作業のまとめをしようと思う。言い訳をしておくと、私は相も変わらずSixTONESSnow Manのクリスマスプレゼント交換動画を一日数十回再生しながらも、THE ALFEE毎年恒例(今年で何と35年目)の天皇誕生日・クリスマスイブの武道館ライブ2daysに参加するなど充実した日々を過ごしている。アル中ながら平成年間全ての天皇誕生日とクリスマスイブの武道館を押さえるとか正気の沙汰ではないと思う。

 

 さて、本題に入ろう。タイトル通り、SixTONESYouTube動画にどの言語の字幕がいくつつけられているのか調べてみた。なお、結果は全て2018年12月26日現在のものである。今回の調査の結果、述べ18の言語で字幕が作成されていることが判明した。なお、一つ一つの動画を手動で再生しながら右下の歯車をクリックし、ぽちぽちとGoogleスプレッドシートに入力していく方式で調べたので、間違いがあった場合はそっとコメントかTwitter(秋百合 (@akiyuri_stlover) | Twitter)で教えていただけるとありがたい。

 

 ちなみに「YouTubeの字幕ってなんぞや?」という方はこちらhttps://support.google.com/youtube/answer/100078

の公式ページを参照していただきたい。簡単に説明すると、動画内の音声や説明文に視聴者が諸言語で字幕を追加し、動画投稿者やその言語の使用者が内容に齟齬がないか審査した上で公開され、動画での使用言語がわからない人や音声が受容できない人の視聴の助けになるシステムである。

 

 調査対象としたのは、ジャニーズJr.チャンネルが作成した以下の再生リストに追加されている動画である。集計時点では2018年3月16日公開の「SixTONES 3月21日オープンに向けて心境は…?」から2018年12月21日公開の「SixTONESCanCamコラボ企画】迷?名?カメラマン誕生!」までとなる。

SixTONES【金曜更新】 - YouTube

 

 

 結果は以下の通り。ズドン!!!!!!

f:id:akiyuri-stlover:20181226171403p:plain

 

 はい! 細かすぎ! 見えるか!

 

 ということで何とか文章でまとめていく所存である……。一応全体像は以下から確認していただけるかと思うので、万が一ご覧いただけるとのことでしたらぜひ。

(最終更新2019年1月14日)

docs.google.com

 

 

 今回の集計からは自動生成される日本語字幕は省いてある。ぜひ一度表示していただきたいのだが、何とも言えない味を出していて、字幕として機能しているとは言い難いためだ。それ以外の確認できた言語は以下の通りである。表記はYouTubeの通りとする。

f:id:akiyuri-stlover:20181226173619p:plain

 

 どうやらアジア圏の言語が強いようである。もっとも多くの動画についていた言語は日本語(32本)ではなく英語(46本)だったのは意外だ。おそらく、日本語は多くの視聴者が字幕を作成しているため、どれを採用するか審査が難しい面があるのだと思う。また、日本語と同等の本数(32本)の動画に中国語(台湾)の字幕があり、現地での人気もうかがわせる。それ以外ではアラビア語字幕が何と日本語・中国語(台湾)を越えるの33本の動画に作成されており、作成者の方には頭が上がらない。あと個人的にアラビア語全くわからないけれど、何となく眺めたくなる時があってたまに切り替えて楽しんでいる。

 

 そのほかにもスペイン語ラテンアメリカ)、フランス語、インドネシア語、ロシア語が15本以上の動画に字幕が存在している。大抵の動画が10分前後とはいえ、同時多発でぎゃあぎゃあと喋る彼らの言葉を翻訳する手間たるや想像に難くない。私は学生時代英語をはじめとした言語がてんでダメな人間だったこともあり、心から敬意を表したい。動画説明の下部に字幕作成者の方のお名前が掲載されていることもあるのでとりあえず拝んでいこうと思う。

 

 また動画別に見ていくと、2018年3月16日公開の「SixTONES 3月21日オープンに向けて心境は…?」が最多字幕数となる13言語の字幕がある。それに次いで2018年11月4日公開「SixTONES(ストーンズ) - JAPONICA STYLE [Official Music Video]」が12言語、2018年3月22日公開「SixTONES、半年ぶりの食事会&企画会議」と2018年6月1日公開「SixTONES【血液検査】遂にジェシーの血液型が明らかに!!」が共に11言語となっている。最初二本の投稿動画はともかく、血液型は少々意外だ。メンバーがわちゃわちゃと喋るシーンが少なめで訳しやすいことが一因であろうか。

 

 直近の動画は字幕の作成と審査がまだであるという事情から言語数は少なめの傾向にあるが、2018年9月14日公開「SixTONES【舞台裏密着】「Summer Paradise 2018」コンサートの裏側見せちゃいます!」はどういうわけか字幕がロックされており、視聴者の手で追加することが不可能になっている。そのため字幕は0である。

 

 最後に今回の調査の成果物として2019年1月14日現在で字幕が表示される動画の再生リストを言語別に作成した。もしそれぞれの言語話者などへの布教や勉強に役立てていただければ幸いである。リストによっては動画の本数が少ないこともあるが、追加が確認され次第リストも編集していく予定なのでご承知願いたい。

 

 日本語字幕

SixTONES with Japanese subtitles(日本語字幕付き) - YouTube

 

英語字幕

SixTONES with English subtitles - YouTube

 

英語(イギリス)字幕

SixTONES with British English subtitles - YouTube

 

ドイツ語字幕 

SixTONES with German subtitles(Deutsche Untertitel) - YouTube

 

スペイン語ラテンアメリカ)字幕

SixTONES with Latin American Spanish subtitles(Subtítulos en español latinoamericano) - YouTube

 

中国語(台湾)字幕 

SixTONES with Taiwanese subtitles(台灣字幕) - YouTube

 

中国語(中国・簡体字)字幕 

SixTONES with Chinese subtitles(中文字幕) - YouTube

 

ポルトガル語字幕 

SixTONES with Portuguese subtitles(Legendas em português) - YouTube

 

韓国語字幕

SixTONES with Korean subtitles(한국어 자막) - YouTube

 

ベトナム語字幕

SixTONES with Vietnamese subtitles(Phụ đề tiếng việt) - YouTube

 

フィリピノ語字幕

SixTONES with Filipino subtitles(Subtitle ng Pilipino) - YouTube

 

タイ語字幕

SixTONES with Thai subtitles(คำบรรยายไทย) - YouTube

 

インドネシア語字幕

SixTONES with Indonesian subtitles(Teks bahasa Indonesia) - YouTube

 

アラビア語字幕

SixTONES with Arabic subtitles(ترجمات باللغة العربية) - YouTube

 

ポーランド語字幕

SixTONES with Polish subtitles(Polskie napisy) - YouTube

 

フランス語字幕

SixTONES with French subtitles(Sous-titres français) - YouTube

 

ロシア語字幕

SixTONES with Russian subtitles(Русские субтитры) - YouTube

 

 

 

(追記)もし言語の字幕を作成してみようかな、という言語使用者・勉強者の方がいらっしゃいましたら、ぜひ(自作の字幕を追加する - YouTube ヘルプ)をご参考にお願いいたします。また、審査への協力という形で作成に携わることも可能なので、彼らの世界進出に少しでもお力添えいただけるとありがたいです。

 

---(2019年1月16日追記)---

字幕は作成していただいても、複数のユーザの審査を受けなければ公開されないことを教えていただきました。簡単ではありますが審査支援の方法を調べて説明画像を作成したので、追記いたします。参考:コンテンツの翻訳を提供する - YouTube ヘルプ

f:id:akiyuri-stlover:20190116100527p:plain

f:id:akiyuri-stlover:20190116100549p:plain

f:id:akiyuri-stlover:20190116100613p:plain

---(追記ここまで)---

 

 

 ところで髙地優吾さんが笑った時にできる目の下(頬の上)の線が愛おしすぎるのですがどうしたらいいですか???

日刊なにわ男子は日刊正門良規なのか?

 私にジャニーズの世界をしっかりと教えてくれた人は、先のエントリにも記した通り、Travis Japanのファンであったが、同時に関西ジャニーズJr.のファンでもあった。彼女の影響で私が関ジュに関心を持ち始めたのは自然の摂理であろう。

 

akiyuri-stlover.hatenablog.com

 

 彼女は関ジュの中でも、自称ジャニーズNo.1ギタリストの正門良規さんを応援している。 したがって私の耳にも彼の情報は頻繁に入るのであり、彼や彼に近しい関ジュのメンバーを認識できるまでそれほど時間はかからなかった。

 

 

 ちょうどそのタイミング、つまりは11月の頭にJohnny's webのブログに新たな連載が追加された。「日刊なにわ男子」である。このコーナーができる以前にも関ジュの皆さんの近況は「かんじゅ日誌」という不定期連載で知ることができた。こちらは新連載ができても継続中ではあるが、毎日関ジュ(なにわ男子)の誰かしらの文章が読める、という状況が生み出されたのは革命と言えるのではないだろうか。

 

 

 この新連載がスタートしてから早一ヶ月が過ぎ、私はとある疑問を抱いた。それが、今回のテーマでもある、正門良規さんの名前や写真が日刊なにわ男子にどのくらいの頻度で登場しているのか? である。試しに過去記事を読み返しつつ、彼の名前か写真が登場した日をカレンダーにマークすると以下の画像の通りの結果となった。なお、この記事を執筆している2018年12月10日に参照可能なかんじゅ日誌(2018年11月15日更新分以降)でも同様の作業を行い、その結果も同時に示す。

 

f:id:akiyuri-stlover:20181210213723p:plain

2018年11月

f:id:akiyuri-stlover:20181210213801p:plain

2018年12月(10日以前)

 

 日刊なにわ男子は更新者のメンバーカラー、かんじゅ日誌は灰色でマークを行なっている。更新者の名前は()内の通りである。()外は適切な単語が思いつかなかったので、失礼ながら対象者のお名前をお借りしている。ご覧いただいてわかる通り、集計期間中は週に一度以上正門さんの名前が日刊なにわ男子に登場しているのである。

 

 

 それは主に、火曜日に赤い線を描いている同期で同い年で同じAB型な彼、西畑大吾さんの更新が原因であるのは、まあ調べる前からわかっていた。はいはいまさにしまさにし。また、ラジオやプライベートでも交流があると公言されている藤原さん、大橋さん、大西さんの記事にもよく名前や写真が登場している。他のメンバーについては長尾さんと道枝さん、つまりは髙橋さん以外のメンバーも一度は正門さんについて触れている。そして、かんじゅ日誌の方でも集計期間中では三回に二回程度の頻度で彼の名前は出てきているのである。ただし11月28日は彼の22歳のお誕生日であり、そのことについて触れた内容が多かったことは考慮すべきである。

 

 

 12月に入り、その頻度は先月よりも増している。12月10日までの十日間のうちに、彼の名前が登場している記事は実に9本にもなる。計算すると1日に0.9本、これはもうほぼ日刊正門良規と結論づけることができる。関ジュ正門さん大好きすぎるやろ……。これがリア恋枠の実力か……。気が付いた時にはみんな彼の虜だったのであろう。

 

 

 日毎に増える彼の情報と、それを受けてファンである友人から分けてもらえる愛は募っていくばかりであり、私もステージ上の彼を見たい欲求は増していくばかりである。この幸せの連鎖のような状況に感謝しつつ、彼と関ジュの活躍を祈念している。

 

 

滝沢歌舞伎、一般頑張ります……)

 

 

---(2019年1月16日追記)---

 一般ダメでした(泣)もし万が一、こいつになら定価+手数料で滝沢歌舞伎ZEROのチケットを1〜2枚譲ってやってもいいかな、と考えてくださる方がいらっしゃいましたら、Twitter秋百合 (@akiyuri_stlover) | Twitter)でリプライやDM、もしくはコメント欄(このブログはログイン不要で表示は承認制なので他の人に見えないように配慮いたします)にてご連絡いただけると幸いです。キャンセル・マナー違反、転売等は決していたしません。日程・座席は当たり前ですが不問です。

 

 私にこの世界を教えてくれた恩人でもある友人(彼女の担当、正門良規さんが出演します)共々全滅してしまいまして、少しでも恩返しをしたいのです。

 

アル中(THE ALFEEファン)の私がSixTONESにズドンした話

 私は三年ほど前、ひょんな事からTHE ALFEEに魅入られ、彼らと命尽きるまで夢追いかけることを誓った身である。もちろん今もその気持ちに変わりはないが、もう一つ、命をかけてみたい人々を見つけてしまった。

 

 ジャニーズJrのSixTONESである。

 

 時系列を追って説明しよう。

 

2018/10/6:ジャニオタの友人とお泊まり会。ジャニーズJrチャンネルの存在を知る。友人の推しの一人がいる、Travis Japanの動画を中心に視聴を始める。会話の流れで「ジャニーズかあ、数年前まではKAT-TUNはテレビに出てたらしっかり見るようにしてたなあ。曲とかかっこよくて好きだった」と発言。なら気にいるかも、とJungleのパフォーマンスを見せてもらう。あ、いいかも、と思う。

 

2018/10/7-18:ひたすらSixTONESの動画を見る。10日くらいから個人の判別が完全にできるようになる。気がついたら髙地優吾さんのことを考える症状が出始める。

 

2018/10/15:IN THE STORMの樹さんパートを聴いているときに喋りとパフォーマンスのギャップと各メンバーの個性と格好よさに完全に落ちたことを自覚する。ファンクラブのシステムを調べる。私の想像よりも年会費が安くてドン引く。もっと課金させろよ。

 

2018/10/19:情報局入会手続きを行う。ブログがあることは知っていたが、情報局とは別システムだとここで初めて知る。勢いそのままにジャニーズWebへの登録も行う。

 

2018/10/21:人生で初めてドル誌(Myojo)を購入。作画が良すぎて変な声が出る。

 

2018/10/22:人生で初めてnonnoを購入。作画が良すぎてパニックになる。合コンしたら誰が一番モテる?の回答に納得感しかなくて笑い転げる。次のページを何の気なしに見たら「彼と温泉!」文字が目に飛び込んできてゆごジェ箱根……と連想する。

中華まんウルフ公開。セブンが近所にないことを恨む。


SixTONES【中華まんウルフ】セブン-イレブンの中華まん、違う種類を食べたのは誰だ?

 

2018/10/23-25:古本屋を片っ端から巡って過去のドル誌を漁り出す。

 

2018/10/26:すとらじ後編公開。ひじ!!


SixTONES【さらなるカオス!】YouTubeでラジオ番組やってみた!

 

2018/10/27:局動画の4グループ合同公演を視聴。この時点でスノトラは半分くらい、Love-tuneはほぼわからない状態で挑むも、顔認識機能がバグって頭痛。つい二週間前までめっちゃわかりやすい三人(+サポートの二人)しか一映像内で見ることなかったから……。

 

2018/10/28:流石に勉強したくなってきて、スト以外のJrチャンネルの動画もきちんと見るようになる。なぜか黄色の人ばかりに惹かれて自分が面白かった。あと私も行ったことある場所が割と出てきて興奮で頭が痛かった。

 

2018/10/29:起床して品川駅にどでかいフラッグ広告が出現していることを知る。意味がわからないまま出勤。昼頃にYouTubeアーティストプロモキャンペーンへの起用であったことを知る。不良会社員なので昼休みと移動を無理やりぶつけて見に行く。拝んだ。ちょっと泣いた。

 

2018/10/30:あまり記憶がない。多分ひたすらストチューブ見てた。

 

2018/10/31:起床して汐留駅に巨大広告が出現していることを知る。だんだんよくわからなくなってくる。

 

2018/11/1:起床して原宿駅に巨大広告が出現していることを知る。もう何もわからない。

 

2018/11/2:起床して世にも奇妙な物語出演と汐留にサインが出現したことを知る。ひええええ。

ドッキリ報告動画公開。普通に泣いた。


SixTONES【ドッキリ!?】YouTubeキャンペーンに選ばれた説(オマケ映像つき)

 

 

 改めて書き出してみると彼らを知ってから一ヶ月も経っていないはずなのにものすごい勢いで前進しすぎじゃないか??? 今まで年中行事のような安定感を誇る沼しか知らなかったからか、全く頭がついていかないぞ??? なんならちょっと体調と情緒を崩したよ???

 

 それでも、彼らから目を離すことができない。溢れんばかりの6つの原石から放たれる輝きを捉えてしまったから。

 

 生まれて初めてアイドルを好きになった。ほんの一ヶ月前までは想像もしていなかった。人生、何が起こるか本当にわからない。その「わからなさ」を楽しめて、自分の好きなものを好きと素直に言える年齢の今、彼らを見つけられて本当に良かった。

 

 ジャニーズで唯一CDを持っていた光GENJIの歌詞から引用すると、

「ありがとう 君を待ってた」

(THE WINDY/光GENJI

という爽やかな気分だ。

 

 これからも魅せられたい。

 全てをCheckしたい。

 彼らなりの形で強く勝ち抜く様を見届けたい。

 

 その思いを胸に、自分なりに全力で応援していきたいと思う。

 

(先輩たち、色々と教えてもらえると嬉しいです!)

 

Twitter

秋百合(@akiyuri_stlover)さん | Twitter